コーヒーハウス

コーヒーハウス

出典:Amazon


配信サイト:なし

コーヒーハウスのあらすじ

icon-point実家のコーヒー店を手伝いながら、公務員試験を受け続けているスンヨン(ハム・ウンジョン)。

自分に自信がなく夢もないスンヨンだが転機が訪れる。人気作家イ・ジンスの秘書に採用されたのだ。イケメンで紳士のジンスが、私を?こんなチャンスは二度とない!だが、張り切って出勤するスンヨンを待っていたのは、恐ろしく神経質な偏屈男だった。鉛筆の削り方まで細かく指定し、完璧なコーヒーの淹れ方を指示し、失敗したスンヨンに悪態を吐くという始末だ。天然ぶりを発揮するスンヨンを「プロの秘書」に仕上げようと、ジンスは無理難題をスンヨンに命令する。こんなはずじゃなかった……。ジンスに抱いていたイメージが崩れて青ざめるスンヨンだったが、やめるわけにいかない。他に仕事はないのだ。

一方、ジンスの友人で、才能・美貌を兼ね備えた出版社代表ソ・ウンヨン(パク・シヨン)は、我儘なジンスに辟易しながら何とか友人関係を保っていた。トークバトルを振り広げるふたりを見ながら、スンヨンの心が騒ぐ。もしかしたら、先生は……。口は悪いが、本当は優しいジンスの一面を知ったスンヨンは、いつの間にかジンスに惹かれていた。自分の気持ちに気づいたスンヨンの切ない日々が始まる。

ある日、行方不明になっていたウンヨンの元婚約者ハン・ジウォン(チョン・ウンイン)が、ジンスの前に突然現れる。ウンヨンに浮気がバレて婚約解消されたが、後悔して舞い戻ってきたと友人のジンスに告げるジウォン。それを聞いて動揺するジンス。複雑なジンスの気持ちを知らないジウォンは、嫌われてもウンヨンに執拗に迫る。その姿を横目で見ながら、過去のトラウマから何も出来ないジンス。いつも強気なジンスが苦悩する姿を見たスンヨンは……。

icon-point実家のコーヒー店を手伝いながら、公務員試験を受け続けているスンヨン(ハム・ウンジョン)。

自分に自信がなく夢もないスンヨンだが転機が訪れる。

人気作家イ・ジンスの秘書に採用されたのだ。


イケメンで紳士のジンスが、私を?こんなチャンスは二度とない!だが、張り切って出勤するスンヨンを待っていたのは、恐ろしく神経質な偏屈男だった。

鉛筆の削り方まで細かく指定し、完璧なコーヒーの淹れ方を指示し、失敗したスンヨンに悪態を吐くという始末だ。

天然ぶりを発揮するスンヨンを「プロの秘書」に仕上げようと、ジンスは無理難題をスンヨンに命令する。

こんなはずじゃなかった……。ジンスに抱いていたイメージが崩れて青ざめるスンヨンだったが、やめるわけにいかない。

他に仕事はないのだ。


一方、ジンスの友人で才能・美貌を兼ね備えた出版社代表ソ・ウンヨン(パク・シヨン)は、我儘なジンスに辟易しながら何とか友人関係を保っていた。

トークバトルを振り広げるふたりを見ながら、スンヨンの心が騒ぐ。

もしかしたら、先生は……。

口は悪いが、本当は優しいジンスの一面を知ったスンヨンは、いつの間にかジンスに惹かれていた。

自分の気持ちに気づいたスンヨンの切ない日々が始まる。


ある日、行方不明になっていたウンヨンの元婚約者ハン・ジウォン(チョン・ウンイン)が、ジンスの前に突然現れる。

ウンヨンに浮気がバレて婚約解消されたが、後悔して舞い戻ってきたと友人のジンスに告げるジウォン。それを聞いて動揺するジンス。

複雑なジンスの気持ちを知らないジウォンは、嫌われてもウンヨンに執拗に迫る。

その姿を横目で見ながら、過去のトラウマから何も出来ないジンス。いつも強気なジンスが苦悩する姿を見たスンヨンは……。



コーヒーハウスの見どころ

icon-point「快刀ホン・ギルドン」で迫力あるアクションを披露したカン・ジファンが、再びロマンチック・ラブコメディに主演!「フルハウス」「彼らが生きる世界」のピョ・ミンス監督と強力タッグを組んだ。

カン・ジファンが演じるのは、イケメンだが神経質で気難しいベストセラー作家イ・ジンス。人当たりが良く、うわべは優しそうに見えるが、実体はちがう。コーヒーにこだわりが強く、気に入るカフェがないと自らバリスタになって店を開くという極端な男だ。

ジンスと恋模様を演じるのは、「優しい男」で悪女を演じたパク・シニョンと、ガールズグループのT=ARAハム・ウンジョン。三人の恋模様に参戦するのは、個性派俳優チョン・ウンイン。ウンヨンを運命の相手と信じ込んで猛アタックする婚約者役を熱演している。

何かといえば新米秘書スンヨン(ハム・ウンジョン)に無理難題を押しつけるジンス(カン・ジファン)。執筆用に使う鉛筆の角度まで細かく指定し、特にコーヒーの淹れ方へのこだわりぶりはハンパではない。次第に強くなっていくスンヨンとジンスのトークバトルが笑いを誘う。身勝手なジンスに鍛えられながら、成長していくスンヨンをハム・ウンジョンが好演している。他人に心を許さず、周囲を振り回すジンスだが、実は心に深い傷が……。険悪な仲に見えるウンヨンと何か関係があるのだろうか。

コメディタッチなシーンから胸キュンシーンまで、エピソードが満載!コーヒーの香りが漂う中、甘くてほろ苦い恋が始まる!

icon-point「快刀ホン・ギルドン」で迫力あるアクションを披露したカン・ジファンが、再びロマンチック・ラブコメディに主演!「フルハウス」「彼らが生きる世界」のピョ・ミンス監督と強力タッグを組んだ。

カン・ジファンが演じるのは、イケメンだが神経質で気難しいベストセラー作家イ・ジンス。人当たりが良く、うわべは優しそうに見えるが、実体はちがう。コーヒーにこだわりが強く、気に入るカフェがないと自らバリスタになって店を開くという極端な男だ。

ジンスと恋模様を演じるのは、「優しい男」で悪女を演じたパク・シニョンと、ガールズグループのT=ARAハム・ウンジョン。三人の恋模様に参戦するのは、個性派俳優チョン・ウンイン。ウンヨンを運命の相手と信じ込んで猛アタックする婚約者役を熱演している。

何かといえば新米秘書スンヨン(ハム・ウンジョン)に無理難題を押しつけるジンス(カン・ジファン)。執筆用に使う鉛筆の角度まで細かく指定し、特にコーヒーの淹れ方へのこだわりぶりはハンパではない。次第に強くなっていくスンヨンとジンスのトークバトルが笑いを誘う。身勝手なジンスに鍛えられながら、成長していくスンヨンをハム・ウンジョンが好演している。他人に心を許さず、周囲を振り回すジンスだが、実は心に深い傷が……。険悪な仲に見えるウンヨンと何か関係があるのだろうか。

コメディタッチなシーンから胸キュンシーンまで、エピソードが満載!コーヒーの香りが漂う中、甘くてほろ苦い恋が始まる!



コーヒーハウスの感想

icon-pointイケメンで演技派のカン・ジファンが、時代劇「快刀ホン・ギルドン」で見せた勇姿から一転、古巣のラブコメに帰還!完璧主義で神経質な人気作家イ・ジンスを熱演しています。御曹司なのに性格に問題が・・・という役が多いカン・ジファンですが、今回も過去の作品に負けない変人ぶりを披露。

我が儘なジンスの犠牲になる新米秘書スンヨンに、「TーARA」のハム・ウンジョン。実家のコーヒー店を手伝いながら公務員就活中。自分に自信がなくサエない女の子をリアルに演じています。ジンスの友人で出版社代表ウンヨンに、「優しい男」で女の恐ろしさを見せつけた美人女優パク・シニョン。華麗なファッションを素敵にこなす所は、さすがミス・コリア!美貌&会社役員という完璧なセレブですが、実は婚約解消した過去が……。

ジンスを挟んで、ウンヨンとスンヨンが恋のバトル……のはずですが、このドラマのもうひとつの主役は、もしかしたら挽き立ての薫り高いコーヒーかも。ジンスの『コーヒーハウス』でのシーンがよく出て来ますが、バリスタが入れる珈琲の美味しそうなこと。日頃上から目線のジンスですが、コーヒーに関しての知識はプロ以上。ジンスが語る蘊蓄も、納得して素直に頭の引き出しに入れてしまいました。

笑うシーンもたっぷり。特にジンスとスンヨンが繰り広げる過激なトークバトルには思わず爆笑。ふたりのコミカル演技も見逃せません。回を追うごとにたくましく成長するスンヨンの姿もしっかり描かれていて、ほっこりする場面も。

脇を固める俳優陣も実力者揃い。特にスンヨンの元婚約者ハン・ジウォンを演じたチョン・ウンインの存在感が凄い。悪役が多い役者さんですが、今作ではエキセントリックな男を熱演。ドラマを更に盛り上げていました。

ストーリー展開も早く、コーヒーというアイテムを味方に、ひと味違うお洒落なラブコメディに仕上げっています。コーヒー好きな方は必見!お薦めの王道ラブコメです。

icon-pointイケメンで演技派のカン・ジファンが、時代劇「快刀ホン・ギルドン」で見せた勇姿から一転、古巣のラブコメに帰還!完璧主義で神経質な人気作家イ・ジンスを熱演しています。

御曹司なのに性格に問題が・・・という役が多いカン・ジファンですが、今回も過去の作品に負けない変人ぶりを披露。


我が儘なジンスの犠牲になる新米秘書スンヨンに、「TーARA」のハム・ウンジョン。

実家のコーヒー店を手伝いながら公務員就活中。自分に自信がなくサエない女の子をリアルに演じています。

ジンスの友人で出版社代表ウンヨンに、「優しい男」で女の恐ろしさを見せつけた美人女優パク・シニョン。

華麗なファッションを素敵にこなす所は、さすがミス・コリア!美貌&会社役員という完璧なセレブですが、実は婚約解消した過去が……。


ジンスを挟んで、ウンヨンとスンヨンが恋のバトル……のはずですが、このドラマのもうひとつの主役は、もしかしたら挽き立ての薫り高いコーヒーかも。

ジンスの『コーヒーハウス』でのシーンがよく出て来ますが、バリスタが入れる珈琲の美味しそうなこと。

日頃上から目線のジンスですが、コーヒーに関しての知識はプロ以上。ジンスが語る蘊蓄も、納得して素直に頭の引き出しに入れてしまいました。


笑うシーンもたっぷり。

特にジンスとスンヨンが繰り広げる過激なトークバトルには思わず爆笑。ふたりのコミカル演技も見逃せません。

回を追うごとにたくましく成長するスンヨンの姿もしっかり描かれていて、ほっこりする場面も。


脇を固める俳優陣も実力者揃い。

特にスンヨンの元婚約者ハン・ジウォンを演じたチョン・ウンインの存在感が凄い。

悪役が多い役者さんですが、今作ではエキセントリックな男を熱演。ドラマを更に盛り上げていました。


ストーリー展開も早く、コーヒーというアイテムを味方に、ひと味違うお洒落なラブコメディに仕上げっています。

コーヒー好きな方は必見!お薦めの王道ラブコメです。



作品の詳細情報
作品名:コーヒーハウス
スタジオ:SBS
制作年:2010年
話数:全18話
音声言語:韓国語(日本語字幕あり)

キャスト・スタッフ
出演
カン・ジファン
パク・シヨン
ハム・ウンジョン
チョン・ウンイン
パク・ジェジョン
チョン・スヨン
チョン・ジア
チンソン
アン・ギルガン
キム・ジヨン
キム・ミンサン
脚本
ソン・ジェジョン
監督
ピョ・ミンス

配信サイト:なし

紹介している作品は、2016年7月2日の時点の情報です。現在は配信している場合もありますので、詳細は各動画配信サイトにてご確認ください。


▲ページトップに戻る